アートメイクとは?まずは仕組みやメリット・デメリットを知ろう!

アートメイク 眉 施術

この記事では、「そもそもアートメイクとは何なのか」について解説していきます。

アートメイクを受ける前に、仕組みやメリット・デメリットを知っておくことで失敗や後悔する確率をぐっと減らせます。

アートメイクとは?

アートメイクは、皮膚に針で染料を注入する技術です。

アートメイクに対応する部位
  • 眉毛(アイブロウ)
  • アイライン
  • 唇(リップ)
  • ほくろ
  • ヘアライン

メイクのように水や汗でも落ちる心配が無く、化粧をする手間も軽減されることから人気になってきています。

また、女性だけでなく「眉毛の整え方がわらかない」という人や「眉毛が薄いのがコンプレックス」という悩みを持つ男性にも選ばれています。

タトゥー(刺青)との違い

アートメイクと聞くと「タトゥー(刺青)のようなもの」とイメージされると思います。皮膚の中に染料を入れるという手法は同じなのですがアートメイクとタトゥーは性質がやや異なります。

タトゥーは、皮膚の真皮(しんぴ)とよばれる皮膚の深い所(0.2mm程度)に染料を入れますが、アートメイクは皮膚から0.02~0.03mm程度の表皮という浅い所に染料を入れるという違いがあります。

アートメイク 刺青 違い

アートメイクの持続期間はおよそ2~3年

先ほどアートメイクは皮膚の浅い所に染料を入れると説明しました。浅い所に入れるので約2~3年経つと徐々に薄くなってきます。

かつては、皮膚の深い所に染料を入れるアートメイクもあったようなのですが、「修正したい」という相談が増えたこともあり、現在では浅く染料を入れることが主流になっています。

メイクにはその時代の流行がありますし、年齢を重ねることで皮膚のたるみや似合うメイクも変わってきます。

そういった観点からも、2~3年で薄くなる方がその時に合ったデザインにできるという点でメリットがあるのです。

アートメイクは医療行為

アートメイクは針や麻酔を使用するので、日本では医療行為とされています。そのため、クリニック以外での施術は医師法に違反する行為になります。

しかし、2020年現在でも無免許者による施術を行うサロンも多くあるのが現状です。

サロンでの施術は料金が安く設定されていますが、サロンには医師が在籍していないため、トラブルが発生する可能性が高く、トラブルの処置もサロンでは行なえません。

料金が安すぎる所は、クリニックであることを確認することを強くおすすめします。

当サイトで掲載している施設はすべてクリニックのみを紹介しています。

お近くのアートメイククリニックを探す

アートメイクの料金

気になるアートメイクの料金ですが、クリニックによって様々です。

アートメイクは、色を

アートメイクの料金相場(2回分)
  • 眉毛(アイブロウ)…約10万円
  • アイライン…約10万円
  • 唇(リップ)…約15万円
  • ほくろ…約1万円
  • ヘアライン…約10万円

上記の相場よりも明らかに安すぎる所は、クリニックではなく違法に施術しているサロンの可能性もあるので、「安いから」という理由だけで選ばないようにしましょう。

編集部おすすめ
メディカルブロー ロゴ

リーズナブルにアートメイクがしたい方はメディカルブローがおすすめです。眉毛2回5万円からと料金が安く、年間症例件数3万件以上の実績のあるクリニックです。

詳細はこちら

お近くのアートメイククリニックを探す

アートメイクが失敗したらどうするの?

アートメイクを施術する前に入念なカウンセリングがあるので、その時にしっかりと希望を伝えることで失敗する確率を減らせます。

また、クリニックの公式サイトには症例が掲載されているので、自分の希望に合ったクリニックを探す時の参考にしましょう。

また、アートメイクの仕上がりに納得いかない場合は、無料でリタッチしてくれるクリニックがあるので、そういった保障制度があるクリニックを選んでおくと安心です。

それでももし、失敗した場合はアートを除去することも可能です。

アートメイク除去について詳しい解説はこちらの記事をご参考ください。

タトゥー除去はいくらかかる?おすすめクリニック5選タトゥー除去におすすめのクリニック6選!口コミ・料金比較!【体験談有り】

アートメイクのメリット・デメリット

アートメイクには多くのメリットがある一方でもちろんデメリットもあります。

デメリットや注意点を知っておかないと後悔することにもなるので、必ず理解しておきましょう。

メリット
  • 汗や水に濡れてもメイクが落ちる心配が無くなる
  • 化粧をする手間が少なくなるので、準備の時間が短くなる
  • すっぴんでも外出できるようになる
  • 化粧をするのが苦手な人でも綺麗な状態のままでいられる
  • 化粧品の購入にお金を使うことが減る
デメリット
  • 施術中に痛みがある
  • 2~3年で薄くなるので定期的に通い続ける必要がある
  • 施術代がかかる
  • 施術後1週間くらいは色が濃く入るので厚化粧のような違和感がある

デメリットについては、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

アートメイクのデメリットとは?注意点とメリットをアートメイク担当医師が解説!

施術の流れは?施術時間はどれくらい?

アートメイクの施術時間は、部位にもよりますがカウンセリングなども含めると全部で2~3時間くらいかかります。

1
カウンセリング
体調などをチェックし、アートメイクをしても問題ないかを確認。疑問点などがあれば質問できます。
2
デザイン
もし希望するデザインがあれば伝えましょう。骨格や眉毛の生え方なども考慮しつつデザインを決めていきます。
3
麻酔
表皮麻酔を塗って麻酔が効くまで10~20分程度待ちます。
4
施術
施術を行っていきます。痛みがあるようなら無理せず伝えるようにしましょう。
5
アフターカウンセリング
帰宅後の注意点やアフターケアの方法について教えてもらいます。次回の予約をとっておきましょう。

アートメイクまとめ

アートメイクの仕組みやメリットデメリットなどについて解説してきました。

アートメイクについて正しく理解することで後悔する確率が減らせます。

以下のページではお近くのおすすめクリニックが検索できますので、ぜひ活用していただき納得のいくクリニックを探してみてください。

お近くのアートメイククリニックを探す